「特別寄稿」海外のきのこの詩

※この投稿は「東京きのこ同好会」の会報から転載させてもらっております。

翻訳:ガイ・ナット   編集:阿部寛史、宮林えみ

最近は私の趣味で、きのこをテーマにした詩を集めています。きのこの文化が割と染み込んでいる日本には、きのこの俳句や短歌がたくさんありますが、海外ではもう少し珍しいです。そこで、元々英語で書かれたきのこの詩をいくつか選んで、日本語に翻訳してみました。どうぞお読みください。

 

きのこ
シルヴィア・プラス 作 (アメリカ)
Mushrooms
by Sylvia Plath
一晩中 とても
白く 控えめに
とても静かに

私たちのつま先、鼻が
壌土を掴み
空気を自分のものとする

誰も私たちを見ない
止めない 裏切らない
小さな粒が行く手を開けてくれる

柔らかい拳で
針、葉っぱの寝床を
持ち上げる

舗装まで持ち上げる
金づちで 破城槌で
耳も目もない、私たちが

声も出さずに
割れ目を広げて
穴の中を押し分けて進む

水や
陰のくずだけ食べて
無頓着な私たち

求めることはほとんどなく
求めることは何もない
たくさんの私たち!
たくさんの私たち!

私たちは 棚
私たちは テーブル
私たちは おとなしい
私たちは 食べられる。

思わず
肘でつついてしまう 押してしまう
そして、繁殖していく。

朝までに私たちは
地球を受け継ぐことになる
私たちの歩みはもう始まっている。
Overnight, very
Whitely, discreetly,
Very quietly

Our toes, our noses
Take hold on the loam,
Acquire the air.

Nobody sees us,
Stops us, betrays us;
The small grains make room.

Soft fists insist on
Heaving the needles,
The leafy bedding,

Even the paving.
Our hammers, our rams,
Earless and eyeless,

Perfectly voiceless,
Widen the crannies,
Shoulder through holes. We

Diet on water,
On crumbs of shadow,
Bland-mannered, asking

Little or nothing.
So many of us!
So many of us!


We are shelves, we are
Tables, we are meek,
We are edible,

Nudgers and shovers
In spite of ourselves.
Our kind multiplies:

We shall by morning
Inherit the earth.
Our foot’s in the door.

きのこ
マーガレット・アトウッド 作 (カナダ)
Mushrooms
by Margaret Atwood
湿ったこの季節
湖の霧や 遠くに
午後の雷

それは大地から滲み出る
夜の間
泡のように
小さな水で膨らんだ
真っ赤な風船のように
低音より低い音で
丁寧に裏返される
ゴム手袋の親指のように

朝は葉っぱにカビ
小さい乳首みたいな点々
冷たくて白い魚のえら
革のような紫の脳
燃えさしの色にくすんだ
拳みたいに小さくなった太陽
淡い黄色の有毒衛星。

どこから来るのだろう。

真上で雷雨が通っている間
地中にも同じような嵐がある。
打ちつける稲妻が二つの嵐が出会う場所

足元に細根の雲がある。
抜けた毛か、糸の塊が
ゆっくりと土の至る所に飛ばされる
それは彼らの花
指先は暗闇を貫き 空まで
瞬きは弾けて胞子の粉を 風へ

陰の中で栄養を取って
水に戻る葉の破片
ゆっくりと溶ける丸太
枯れ木
暗闇で光るものもある。
その味は
腐った肉やチョウジ、
ステーキの焼く匂いや
傷ついた唇、新雪。

私がきのこを狩るのは
食べるためだけではない
狩りそのもののため
その匂いのため:
腐敗の匂いや
蝋みたいな新生児の皮膚の匂い
肉が土になり 土が肉になる。

一握りの
陰を持ってきた。
この腐朽 この希望 この口
土でいっぱいのこの詩を。
In this moist season,
mist on the lake and thunder
afternoons in the distance

they ooze up through the earth
during the night,
like bubbles, like tiny
bright red balloons
filling with water;
a sound below sound, the thumbs of rubber
gloves turned softly inside out.

In the mornings, there is the leaf mold
starred with nipples,
with cool white fishgills,
leathery purple brains,

fist-sized suns dulled to the colors of embers,
poisonous moons, pale yellow.

Where do they come from?

For each thunderstorm that travels
overhead there’s another storm
that moves parallel in the ground.
Struck lightning is where they meet.

Underfoot there’s a cloud of rootlets,
shed hairs or a bundle of loose threads
blown slowly through the midsoil.
These are their flowers, these fingers
reaching through darkness to the sky,
these eyeblinks
that burst and powder the air with spores.

They feed in shade, on halfleaves
as they return to water,
on slowly melting logs,
deadwood. They glow
in the dark sometimes. They taste
of rotten meat or cloves
or cooking steak or bruised
lips or new snow.

It isn’t only
for food I hunt them
but for the hunt and because
they smell of death and the waxy
skins of the newborn,
flesh into earth into flesh.

Here is the handful
of shadow I have brought back to you:
this decay, this hope, this mouth–
full of dirt, this poetry.
きのこ
メアリー・オリバー 作 (アメリカ)
Mushrooms
by Mary Oliver
雨 そして
風の冷たく すぼめた唇が
それらを地面から呼び出す。

赤くて黄色い頭蓋骨が
葉っぱから
草から
砂から飛び出る。

びっくりするほど
突然で、静かで、湿っている。

秋の朝に現れ
片足でバランスを取る
毒たっぷりのものと
雲みたいにうねる分厚くて美味しいもの。

知る者が拾いに出かけ
安全なものを見極める。

残すのが キラキラするものや魔法使い
ベニタケ、テングタケ
鮫みたいに白いドクツルタケ。

砂糖みたいに純粋な見た目のくせに
たっぷりの麻痺が待ち受けている。

それらを食べることは
完璧な役目を終えたきのこがそうするように
早く倒れて
朝になると
雨できらめく野原の下へ戻っていくのだ。
Rain, and then
the cool pursed
lips of the wind
draw them
out of the ground –
red and yellow skulls
pummeling upward
through leaves,
through grasses,
through sand; astonishing
in their suddenness,
their quietude,
their wetness, they appear
on fall mornings, some
balancing in the earth
on one hoof
packed with poison,
others billowing
chunkily, and delicious –
those who know
walk out to gather, choosing
the benign from flocks
of glitterers, sorcerers,
russulas,
panther caps,
shark-white death angels
in their town veils
looking innocent as sugar
but full of paralysis:
to eat
is to stagger down
fast as mushrooms themselves
when they are done being perfect
and overnight
slide back under the shining
fields of rain.
粘菌
ユーセフ・コマンヤーカ 作 (アメリカ)
Slime Molds
by Yusef Komunyakaa
ここにいるよ
分裂した細胞みたいに
草の葉に付いている
植物と動物の中間
役立たず
暴風雨の中
胞子がくっつく黄白色のパズルのピース
合体するまで目で見えない
昔の世界から残ったもので
現代の理屈にそぐわない
原始の指が減って そして100倍増えて
根源的な愛や要求で
信仰体系となる
スクランブルエッグの色
私たちで考えたことのない目的で作られ
この宇宙人のペットが
咲いているセイヨウハナズオウを登っていく。
They’re here. Among blades
Of grass, like divided cells.
Between plant & animal. Good
For nothing. In a rain storm, spores
Glom together. Yellow-white
Pieces of a puzzle. Unable to be
Seen till united. Something
Left over from a world before—
Beyond modern reason. Primeval
Fingers reduced & multiplied
A hundredfold, the most basic
Love & need shape them into a belief
System. The color of scrambled eggs.
Good for something we never thought
About, these pets of aliens crawl up
The Judas trees in bloom.
きのこは植物の妖精である
エミリー・ディキンソン 作 (アメリカ)
The Mushroom is the Elf of Plants
by Emily Dickinson
きのこは植物の妖精である。
夜はいない。
昼は 菌の小屋で
ある場所に止まる。

ずっと前からいるみたいに
しかし その人生は
蛇が躊躇する瞬間より短く
雑草の生え方より速い

自然の道化師
言い訳をする芽
泡みたいに早く来て
泡みたいに早く去る

邪魔された草が
まるで喜んだようだ。
夏の風景から生まれた
こっそりと来るこの子孫

もし自然に変われる表情があるなら
もし人を嫌うことができるなら
もし自然に背教者がいるなら
このきのこは彼そのもの!
The Mushroom is the Elf of Plants —
At Evening, it is not —
At Morning, in a Truffled Hut
It stop upon a Spot

As if it tarried always
And yet its whole Career
Is shorter than a Snake’s Delay
And fleeter than a Tare —

‘Tis Vegetation’s Juggler —
The Germ of Alibi —
Doth like a Bubble antedate
And like a Bubble, hie

I feel as if the Grass was pleased
To have it intermit —
This surreptitious scion
Of Summer’s circumspect.

Had Nature any supple Face
Or could she one contemn —
Had Nature an Apostate —
That Mushroom — it is Him!

Facebook コメント

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。