ヒトクチタケ

ヒトクチタケ

ヒトクチタケ

ヒトクチタケ

ヒトクチタケ

  • 「ヒトクチタケかぁ、、よく見るね、このキノコ」
  • 「そうそう、枯れた松には一番乗りで出てくるんよ」
  • 「一番乗り、っていうとどれぐらい?」
  • 「一説では松が枯れてから二年目に出てくるらしい」
  • 「ほう、、じゃあ三年目は出ない?」
  • 「かも知れん」
  • 「怪しいな」
  • 「そら私しゃヒトクチタケじゃないし」
  • 「似たようなもんやん、、」
  • 「まだまだそこまで達しとらんよ~」
  • 「じゃあ、どこまでいっとるんや?」
  • 「う~ん、マツオウジぐらいかな?」
  • 「まじか!!結構いっとるよ、それ!!」
  • 「おじちゃん、否定してよぉ~~」
  • 「ところでこのヒトクチタケ、臭いは干し魚に似た臭いらしいけど、どんな感じだった??」
  • 「うん、ツーンとした臭いやったね」
  • 「ツーンと言われてもなぁ、、」
  • 「じゃあアンモニアを超絶薄めた感じかな?」
  • 「超絶なぁ、、表現おかしないか?(笑)」
  • 「でもね、たまにはいい香りがするんよね~」
  • 「いい香り?超絶に?」
  • 「いや、それは超絶いらん」
  • 「いらんのか、、、難しいの~」
  • 「そうそう、たまにね、香水の香りっていうんかな~」
  • 「おぉ、まじか!!香水ってアミちゃんつけたことあるんか?」
  • 「ないと」
  • 「そやろな、、」
  • 「納得するんやない!!」
  • 「くっくっく、えぇやん、ヒトクチタケの胞子を香水代わりにしたら(笑)」
  • 「ヒトクチタケの口のところからシュッシュッと?」
  • 「そうそう、似合うと思うわぁ、、」
  • 「バカにしてない?」
  • 「ちょっとね(笑)」
  • 「でもね、この口から虫が出入りするんよ」
  • 「虫が食ってる?」
  • 「たぶんね、、それで胞子を沢山身体につけとる」
  • 「ってことは虫によって胞子を拡散させてる?」
  • 「鋭いねぇ、おじちゃん、多分そうと思う」
  • 「面白い生態やね~」
  • 「胞子飛ばすところは、成熟すると膜に穴が開いてそこから昆虫が侵入するもんね」
  • 「昆虫たちの出入り口ってわけね!」
  • 「それで、昆虫たちはこの臭いに引き寄せられるみたいだし」
  • 「ほう、、その香水のね」
  • 「そう、シュッシュッってやつ、、」
  • 「って自分で振り撒いとるがな~(笑)」

「会話してる人」
岩間杏美  入佐城司

Facebook コメント

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA