このキノコ食べれますか?

イグチの仲間

キノコの写真をFacebookなどにアップする。
すると僕の同級生などから「これって食えるん?」という質問が飛んでくる。

いたって普通の質問だ。

そのキノコが食べられるのかどうなのか、というのは普通の人にとって最大の関心事だからだ。

これはごくごく普通の会話であり、悪いことではまったくない。

「今食ってるその焼きそば、美味いの?」

と同じレベル。
「興味の対象」としてはむしろ好ましい質問と言えるのではないか?

だって山に行って、綺麗な花を見つけた時に「これ食べられる?」って聞く人、いないよね?

動物園に行って、可愛いネズミがいた時に「これ食べられる?」って聞く人、いないよね?

川に潜って綺麗な魚が泳いでいるのを発見した時に「これ食べられる?」って聞く人、、稀におるか?(笑)

ともあれ、「食べられる」というのは人がキノコに関心を寄せる大きな求心力になってるのには違いない。たぶんキノコを研究している人たちも食べるだろうし、キノコ写真をとる人、キノコを見るのが好きな人も食べるはず。
それがキノコの魅力の一つであり、心惹かれる部分でもある。

なので僕は極力自分の知ってる限りの返答をしてあげる。
例えば美味しそうなチチアワタケだったら。

「これはですね、食べられるキノコなんですけど、普通に食べたら下痢をする人が多いです。傘の表面の皮と管孔が消化が悪いらしいのでそれを取り除いて食べるのが良いらしいんですが、そうすると身が無くなってしまうんですよね(笑)」

なんて説明が一番適当かと。

それで普通の人(キノコを食べたいという欲に駆られてない人)はそれ以上のことはしないです。

だって下痢したらいやでしょ?

しかも一般人(あまりキノコに興味がない人)にとって野生のキノコを食べる、というのはあまり関心が高いものではありません。
試しに友人とハイキングなどに行ったときに、食べられるキノコを発見したとして、そのキノコの事を懇切丁寧に説明し、どうやって食べたら美味しいのか、など解説しても持って帰って食べる、と言う人は非常に少ない。

僕の信用がないからか? (@_@)

そうとも言えるが(笑)

まぁでも世間一般の人から見たら、野生のキノコなどわざわざ食べなくても美味しいキノコ、安全なキノコは沢山あるし、わざわざリスキーなものを食べなくってもいいやん、、って感じなんでしょうね。わかるわぁ、、その気持。

 

食べる気満々の人たち

まな板の上のキノコ

さて、ここからが本題。

僕自身はキノコが食べられるのかどうかを聞く、というのは悪いことではないし、むしろ良いことだと思っている。
それだけキノコに対する興味を持ってもらえてキノコが好きになってくれる人も増えるだろうから、むしろ好意的に受け止めるべきだろうと思うのだ。

しかし、この上の写真のように綺麗に洗われてまな板の上に乗っている状態で

「このキノコは何ていう名前ですか?」

と聞かれたらどうだろう?
またダイレクトに

「このキノコ食べれますか?」

と聞いてる人がいたらどうだろう??

僕ならその人の思考回路をこう想像しちゃいますな。

今日こんな「美味しそうな」キノコがあった。
とりあえず採ってきたのだが、何かはわからないなぁ、、
でもとっても美味しそうだもんなぁ、、
見た限り毒ではなさそうだよなぁ、、
だって白とか、赤とかじゃないしなぁ、、
似たようなキノコがたくさんあって判らないけど、、、
この間、似たようなキノコを美味い、美味いって食べてた人、いたよなぁ、、
「ウマウマ」とか言ってたなぁ、、
あれ、絶対美味いだろうなぁ、、、
しかし、どうみても毒じゃないしなぁ、、、
どうしても食べたくなってきたわ、、、
じゃあ詳しい人に聞いてみよう。

「このキノコ食べれますか?」

となってFacebookのグループなどに投稿してる人、いるよね?

なんという正直な人でしょう。
食に対する興味、美味しさに対する追求心、、、これは捨てたものじゃありません。

しかし!!

「人に写真でキノコの種類を聞いて、そして食べる」

という行為ほど危険なものはありません。

これは言うなれば

「わたくし、今から死んでもいいですか?」

という質問と同じと思ってもらって結構です(笑)
そしてこの次がもっと問題です。

この「死んでもいいですか?」という山崎ハコ的(個人の感想です w)な質問に対してこう答える人がいたりします。

「これは◯◯◯タケですね、美味しいですよ!」

やばいですねぇ、、この応答。
これは言わば

「うん、これを食べて逝ってよし!!」

とアドバイスしているのに等しいのだ。

野生のキノコとは?

野生のキノコ

野生のキノコを食べる、というのは実に魅力的であり、魅惑的でもある。

一般の人は決して食べない、食べようとしない美味しい食材がそこにある。

それを知ってる私達だけが採って食べるという、そこはかとない優越感。

そして何より探して、採るという、まさに人間という生き物に備わった狩猟本能。

それ故、我々は野生のキノコを採りたいと思うし、食べたいと思うのだ。
しかし、良く考えてみて欲しい。

そのキノコに犬のしょんべんがかかってないか?

いや間違いなく、犬だけに関わらず、山ならたぬきのしょんべんはかかってるよね~(笑)

「良く洗って食べるからいいんです、、」

という人もいるだろう。
それはね、見てないからなのね、、、犬がしょんべんした後の生暖かいキノコ、、持てる?食べられる?
しょんべんのシミはなかなか水洗いじゃ取れないしね~(笑)

・・・なんて憎まれ口たたいてみる (^_^;)

まぁ犬のしょんべんは置いといて(笑)、野生のキノコを食べる、というのにはかなりのリスクを伴います。なのでSNSなどで、写真をアップして、食べられそうなら食べちゃう、というのは自殺行為に他なりません。
そして「食べられます」「美味しいです」という発言は、自殺をそそのかしている、ということに等しい。

だって「それほんとに正しいの?」という回答してる人、、、沢山いるよ。

食べないのを前提ならそれも良いんです。
ってか、食べないのが前提なら、いろいろ意見を言い合った方がいいんですね。
だって「キノコの事を知る」という勉強になりますから。

しかし、そこに「食べる」という行為が発生すると途端にその行為はNGとなります。

だってこれを見て下さい。

Mさん撮影のキタマゴタケに似たキノコ

これを見て皆さんどう思いますか?

「キタマゴタケですなぁ、、」

と知ったかぶりした人、いますよね?

じゃあこれは?

キタマゴタケ

はい、こちらはキタマゴタケです。

一方は食べたら死んでるかもしれないし、もう一方は食べたら「ウマウマ~」とか言うんでしょう。

まさに天国と地獄。
写真での判断や、人に判断を任せるという事はこういうことなのですよね。

なので、「食べる気満々」で他人に対して

「このキノコ食べれますか?」

と聞くのは自殺行為なのでありますな。

ただ何度も言いますが、キノコを食べること、特に野生のキノコを食べること、というのはとっても魅力的なものであるので、諍いが無いレベルで採って食べるのは良いんじゃないかと思っています。

ただ、オシッコにだけは気をつけようね(笑)
 

Facebook コメント

Follow me!

このキノコ食べれますか?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 田村尚文 より:

    大切なことをきちんと書いてくださってありがたうございました。
    心してきのこに興味を持つ方々接していきたいと思ひますm(_ _)m。

    1. いりさじょうじ より:

      いえいえ、この時期になると無謀に走る人が多く見受けられるのでちょっと書いてみました。

  2. KOH より:

    キノコ仲間の「死ぬほどウマイ(=死ぬ)」というコメントを見て
    本当に食べちゃった素人さん知ってます。
    すぐに吐いたので生きてますが・・・

    1. いりさじょうじ より:

      わわわ!ちょっとした冗談も言えないっすね(笑)
      よく言う「どのキノコも一度は食べられる」というのを「食べれるんだ!」と良いように解釈する人もいますしね~

  3. キノコ観察初心者 より:

    キタマゴタケの偽物の正体は
    なんですか?
    タマゴタケモドキ?

    1. いりさじょうじ より:

      実際にものを確かめてないのではっきりしたことは言えないのですが、これを撮った人にいろいろ確認したんですがタマゴタケモドキの疑いが濃厚ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA