なめこインサマー

なめこインサマー
なめこインサマー 吉田戦車

――ファミレスに行く。
ファミレスは今まであまり行くことがなかったが、ファミというだけあり、子どもから老人までフォローするメニューはみごとである。

老人メニューのひとつ、なめこそばを頼む。娘には子ども用のケチャップ色したセットのやつ。

食べる前にいってほしいものだが、それぞれのものを食べ終わったあと、娘が、
「私もなめこが食べたかった!」
と悲しい顔をした。

子どもの好き嫌いは、小さいうちはあっという間に変わっていくものらしいが、最近はキノコではなめことしいたけが好き、しめじとマッシュルームが嫌いなのだという。

じゃあ今日のおやつはなめこにしよう、と冗談でいうとニッコリうなずいた。

本当かよ、と思いながらスーパーでなめこを買う。

さて、おやつなのでそばをゆでてやることもないだろうと、とりあえずめんつゆを少し用意した。なめこをさっと湯通しし、めんつゆであえる。それだけだ。汁が少ないしぬるいので、なめこ汁ですらない。

一、二個試食をして見たら、あたりまえだがめんつゆの味のただのなめこだった。

喜んで食べましたね、娘は。
これがある夏の日の午後四時ぐらいのおやつである。本人は満足そうだった。

...「吉田戦車の珍ごはん なめこインサマー」より

さすが吉田戦車、笑わせてなおかつ寂しげな余韻を残すそのワザは、漫画ばかりでなくエッセイにも発揮されてあまりある。

それにしても表紙のなめこ男爵(知らん。わたしが勝手に名づけた)の造形もみごとであるなぁ。

「月刊きのこ人」(こじましんいちろう)2010年05月3日に掲載分を再掲載

Facebook コメント

Follow me!

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA