ぽこぽこ。

ずっとからからに乾いていた日々は終わり
雨っぽいお天気が続いた。
そしてやっときのこたちが出てきたのであった!

う~ん、なんてキュートなかたち!
カブラテングタケというこの白いきのこは
ちっちゃいうちはまるで雪だるまのよう。
大きくなっても下のぽっこりはのこって
カブのようになる。

このほかにも数ミリほどのかわいいきのこが
落ち葉の陰からちょこちょこ顔を出していて
足の踏み場にこまる。

スケッチもずいぶんと楽チン!
待ちに待った季節の到来♪

カブラテングタケ
学名: Amanita gymnopus
分類: 真正担子菌綱 ハラタケ目
落葉広葉樹林などに発生する大型のテングタケ類
独特の異臭がすること、根元がかぶら状に膨らむこと、
ひだが黄土色であることなどが特徴。
食毒不明

・・・異臭には気づかなかったなぁ。
今度見つけたらかいでみよっと。
個体差があるらしいけど。

「本日もスケッチびより!」(きのしたみか)2012年9月24日掲載分を再掲載

Facebook コメント

Follow me!

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA