(特別寄稿)オニフスベのバターソテー

Facebookのきのこ関連のグループでオニフスベをソテーで食べてみたという投稿がありまして、その投稿がとっても楽しく、そして美味しそうでしたので、投稿者のM子さんに特別に許可を頂き、ここに転載させてもらうことになりました。
M子さん、有難うございました!!

「感動の出会いの場面です💕」

今朝オニフスベを発見しました。

数年前遭遇したものは老菌で、古びた頭蓋骨状態だったので、今回食せる予感にココロオドリました。犬の散歩中で、予備のビニール等無かったので諦めようと思ったのですが「変な人と思われても良い。オニフスベを手で持って帰ろう」と決意。

片手で犬のリード、片手でハンドボールみたいに、がしっと上からオニフスベを掴んで帰宅したのでした。

「ミカンの皮みたいに剥いてしまいました」

厚めのタマゴの薄皮のような皮を?剥き、カット。焼きたての食パンのような柔らかさ、モッツァレラ?チーズケーキのような真っ白な断面、
香りまくるきのこ臭。触って居ると脆く、ホロホロとこぼれる、儚さ。こんないたいけな子を調理するのが申し訳ないかも、と思うものの、調理しますよ!!

塩コショウをしてガーリックバターでソテー。ガーリックの良い匂いと菌の匂いが広がります。なんだか凄いものを料理しているフレンチシェフの気分です。

「フォアグラに見えます〔あくまで個人の感想です)」

〔オニフスベ〕ではなく、ジャイアント・パフボール”Giant puffball”と呼びたくなる雰囲気。最初フォアグラ、次にフレンチトーストのような見た目になりました。

箸で持つと超薄切り豆腐のようにやる気がない、ダラリ~ンとしています。 しゃんとせぇ!!〔しっかりしろ〕と、叱咤したくなりました。

「フレンチトーストに見えます💕」

これは長い時間焼いても、ギュッと固く押してぺったんこにして焼いても同じ、ふにゃふにゃスタンスは変わりませんでした。

そして味見です。

塩コショウとガーリック味なので口に入れたら、あら💕そこそこ美味しい感じ?と一瞬騙され〔!!〕ますが、とらえどころが何処にも無いのです。

やる気の無いガーリック&きのこ風味のはんぺんと言うのか。

その先に何かあるかな、とその先を探してモグモグするも、見つけられませんでした!(笑)

でも楽しかったです。ありがとう、巨大ほこり玉さん(≧∀≦)

「焼く前の大きさと、焼いた後のモノです。結構縮みますね」
Facebook コメント

Follow me!

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA