オオイチョウタケ

オオイチョウタケ
オオイチョウタケ
オオイチョウタケ
  • 「今回はオオイチョウタケやね、これね、梅林で見たことあるよ」
  • 「梅林なん?そんなトコにでるのね?」
  • 「そう、キノコ検定の本には竹林に出る、って書いてあったな」
  • 「竹林、キヌガサタケかい、って感じ(笑)」
  • 「ところで、これはどんなトコに出てたの?」
  • 「これはね、杉林にでとったと」
  • 「杉林ねぇ!これまた変わったトコに」
  • 「うん、知り合いから電話があってね」
  • 「ほう、、」
  • 「『ちょっと見て欲しいキノコがあるのよ』って持ってきてくれてね」
  • 「もうキノコの先生やなぁ~」
  • 「で、その人は山で採ったらしくてね、、見てビックリしたとよ!」
  • 「どないしたん、人の顔の形でもしとったんか?」
  • 「そんなん聞いたこと無いわ!」
  • 「人面キノコって、、昔流行ったぞ」
  • 「まじか!!」
  • 「うそうそ、鯉やわ、人面鯉(笑)」
  • 「いや、いまキノコの話しとるやん!」
  • 「ははは、えぇやん、『きのこびと』ってことで!」
  • 「上手いこといいよる!」
  • 「でなんでビックリしたん?」
  • 「バリバリ大きかったと!」
  • 「バリバリで大きい?」
  • 「あのね、、、めっちゃ大きいってこと」
  • 「分かっとるがな~で、それがオオイチョウタケやったのね?」
  • 「そうなんよ、そん時初めてみたんよね~」
  • 「でもオオイチョウタケってシロハツとかと似てない?」
  • 「うん、似てるけど、一般的にはベニタケの仲間は子実体がボロボロになるのね」
  • 「ふむふむ」
  • 「で、オオイチョウタケは縦に裂けるからそれですぐ分かるよ」
  • 「なるほど、オオイチョウタケはベニタケの仲間じゃないのか~」
  • 「常識やん!」
  • 「うぐぐぐぐ、、、」
  • 「それでね、それが出てた場所に連れてってもらったんよ」
  • 「それが杉林やな」
  • 「大きいのが群生しとったとよ~」
  • 「へぇ、、何本ぐらい?」
  • 「9本ぐらいね!」
  • 「俺が見たのもそんなもんかな、、でもちょっと杉林で見たら不気味やな(笑)」
  • 「そう?私には天国に思えるけどな~」
  • 「まじか!じゃあアミちゃんが天国行くときはオオイチョウタケを花の代わりにいれたろか?」
  • 「おじちゃんの方が先やろけどな(笑)」
  • 「まぁ、それは言える」
  • 「しかも天国行けるか分からんで~」
  • 「ちょ、ちょっとそれは待ってくれ!」
  • 「まぁ閻魔サマに頼んだるわ、、で、おじちゃんは何を入れてあげよ?」
  • 「俺はコガネタケにしてくれるか?」
  • 「粉まみれになるけどよかと?」
  • 「う~ん、悩むなぁ~」
  • 「いや、冗談やから!!」
  • 「ん?そうか、アミちゃんやったらやりそうや(笑)」
  • 「おじちゃんのために冷凍保存しといてもいいけどね!」
  • 「やっぱりやるんかーい!!」

「会話してる人」
岩間杏美  入佐城司

Facebook コメント

Follow me!

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA